松山市の不動産情報から厳選した物件を紹介/土地、分譲地/中古住宅等の不動産の購入は松山不動産へ

Q&A

お客様からワタルハウスに寄せられる土地、中古住宅、マンションのご相談を選り抜きでご紹介します。


Q: マイホーム建設の前に、まず土地を買おうと思っています。土地代のほかにさまざまな費用が掛かると聞き不安です。どんな費用が掛かるのでしょうか?

Anser

最も大きなウエイトを占めるのが、土地を不動産業者の仲介で購入する場合に支払う手数料です。手数料の上限額は「土地価格×3.15%+63,000円」で計算できます。仲介でない購入の場合は諸費用の総額がぐんと下がるでしょう。

このほか、登記手続きを代行してもらう司法書士への報酬、ローンで購入する場合はローンの申し込みや借り入れに伴う費用、土地の所有権移転登記、登録免許税などがあります。土地を仲介で購入する場合には仲介手数料に対する消費税も掛かります。

一般的には費用の総額は土地売買価格の5%程度が掛かるといわれますが、それぞれの土地の条件によって大きく違います。

ワタルハウスでは、こうした費用にお答えし、土地探しの相談にも乗っています。ご要望に応じてアドバイスさせていただきます。



Q: 土地を探しています。選ぶ際に注意するポイントを教えてください。

Anser

何といっても、不動産業者の言葉を鵜のみにしないことです。交通アクセスやエリアで希望に合った土地に足を運び、周囲の環境や日当たりや風の通り具合、騒音などをチェックすることをお勧めします。昼間だけでなく、夜にも出向いて街灯など安全面の点検もしていただいたほうがいいでしょう。

現地に出向いても素人では分からないこともあります。造成地なら、造成前はどんな土地だったのかが最も重要なポイントです。造成前は山林、あるいは池、沼地、畑、谷を埋め立てた、などといった状況次第で、家を建てる際には地盤を強固にするための費用が掛かることもあります。こういった点は不動産業者に詳しく確認しておく必要があります。

ワタルハウスでは、こうした点検ポイントのアドバイスもさせていただいています。



Q: 小学生の子どもがいます。子どもが健やかに育ってくれる環境でマイホームを建てたいと思っています。まずは土地探しですが、どんなことに気を付ければいいでしょうか?

Anser

まず何といっても、お子さんが安全に通学できることを考える必要があります。小学校だけでなく、中学に進んでからのことも考えたほうがいいでしょう。学校までの距離を調べ、通学路を実際に歩いてみて危険な場所はないかを調べます。さらに公園など安全な遊び場があるか、街灯があって夜道が暗くならないか、また、途中にいかがわしい店などがないかなどもきっちりチェックしたいですね。

こうした子育ての面での安全だけでなく、「環境が良い土地」というのは、それぞれのご家族の状況で違いがあります。市街地の便利さを優先する方もいれば、郊外の緑あふれる静さなど求める方もいて、優先順位も違います。

ワタルハウスでは、ご家族の優先度を十分にお聞きしたうえで、一緒に土地探しのお手伝いもしています。



Q: マンションに住んでいますが、子どもを庭付きの家で遊ばせたいので、一戸建て住宅の購入を考えています。予算の制約もあって、新築にするか中古住宅にするか迷っています。それぞれのメリット、デメリットを教えてください。

Anser

新築住宅には、家が新しい、キッチンなどに最新の設備が整っていることなど、多くのメリットを簡単に想像できると思いますので、ここでは中古ならではのメリット・デメリットを紹介することにします。 メリットとしては何といっても、購入費用を安く抑えることができることです。最近は特に築20~30年の住宅が値ごろ感もあって人気です。 このほか、実際の建物を確認して選べる、物件が豊富なので地域にこだわって選べる、新築ではないのでリフォームを思い切ってできる、といったメリットがあります。 デメリットとしては、増築や建て替えなどが制限される場合がある、住宅ローンの融資が制限されることがある、仲介手数料が発生する、といったことが挙げられ、さらに、素人では劣化状況が判断できないという不安もあります。 ワタルハウスにお問い合わせいただけば、こういったメリット・デメリットをさらに詳しくお教えして、家探しのお手伝いもしています。



Q: 中古住宅の購入を考えています。どんな点に気を付けて選べばいいでしょうか?

Anser

どこのご家庭でも、エリア、広さ、価格をまずチェックされると思います。こういった表面的なことではなく、目で見ただけでは判断が難しい住宅の性能面のチェックポイントをご紹介します。

まずは、その家が安全な住まいといえるかどうかです。耐震性をはじめ、火災への備えや万一の時の避難のしやすさ、防犯への備えといったポイントです。次に、耐久性や快適性、家の中の明るさ、周囲の環境、リフォームのしやすさといったことが挙げられますさらに忘れてならないのが、シックハウス対策とバリアフリー性です。家を見るときには、どうしても間取りや見た目に気を取られがちですが、住宅のこうした基本性能のチェックは不可欠です。



ワタルハウス株式会社

ワタルハウス株式会社

住所:〒790-0843
愛媛県松山市道後町2丁目3番23号嶋田ビル2階
電話番号:089-923-2275
FAX:089-923-2335
メールアドレス:info@wataruhouse.com
ホームページ:http://www.wataruhouse.com/
建築業免許:愛媛県知事(般-1)第15710号
宅地建物取引業免許:愛媛県知事(3)第4897号
二級建築士事務所:愛媛県知事 第4676号
簡単物件検索
Q&A
contact us
wataruhouse official site
セカンドハウス
copyrights wataruhouse all rights reserved.